忍者ブログ

感謝の心「ありがとう」

関わるすべてのものへ、ありがとう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長いもの

長いと言えば・・?ぞうさんの鼻。キリンさんの首。

 もっと長いもの・・。水道のホース。荷造りのロープ。


 「長いものには巻かれろ」


 長いものの目的は「運ぶ」。


 長い歴史を運んでいるものは?    文化?


 長いものがスムーズなときは便利な役割ですが、途中で絡まるとやっかいです。


 赤い糸。


 聞こえが良い、憧れの糸でも、絡むと厄介です。
諦めて、切ってしまうこともあります。


 長いものが絡むことは常。このことを「たまたま」とか「思いがけずに」と表現します。


 イライラや急ぐ心は悪魔の領域だそうな・・。


 冷静に対処する時間、「神様は都合が良い状態に持ってきている」と意識すれば、また別の気持ちが生まれます。


 長いものは短くはなりませんが、もっと長いものから見ると一瞬の事かも知れません。

拍手[0回]

PR

ツイてる

商人、斉藤ひとりさんのテープをよく聞いています。

 会ったこともないし、その方の性格も分かりません。

 お金持ちだということは、話聞いていると分かります。


 経営者の勉強会に所属して、懸命に勉強していたことと非常に似たことを話されます。


 だから、話の内容がよく分かります。


 ひとりさんの口癖は、「ツイている」です。

 自分に言い聞かせるのだそうで、要は自分がツイている状態であることを

 常に思っていることが大切だと説かれています。


 「これで良い」「足りるを知る」「全個皆完」


 満ち足りた状態を受け入れる気持ちを持ち続けること。


 ダメなものはダメ。無理は通ってもムリ。


 分かっていても・・の「いても」にマイナスの気持ちがこもっています。


 ひとりさんは、「あきらめて、自分を許しなさい」と説かれています。


 全くの状態に、未完成も汚れもありません。

 そのままを前向きに受け入れる心に、「ツイている」現象が現れると言われます。


 応援している人や手元にあるいろいろな物に対しての感謝の気持ちがツキを呼びます。



 自分を含めたすべてのものは、見えない力によって、ひとつに繋がっています。

    このことを「全一統体」と言います。

拍手[0回]

明けましておめでとうございます

新しい年を迎えて、早くも今日は5日となりました。

 仕事始めとなり、いつもの生活に戻りつつあります。


 今年の私の抱負は「足元の努力」です。

 背伸びをしない。愚痴・悔み事、泣き言を思っても口に出さない。

 手の届くところから、幸せのオーラを出せるように意識した生活をします。


 お正月の三社参り。おみくじで心に残った言葉は、「笑いの角に福来る」「最初の一歩」です。

 「辛かった一年から飛躍の一年の始まり。それでも、まだ辛かった余韻はあるので、しっかりと足元を見て、生活をしなさい。」と、書いてありました。

 神社で分かったこと・・・。今年は後厄。去年は大変な年でしたが、その前の年末は最悪な年でした。

 健康第一。十分な栄養と、健全な心で一年を過ごしたいと思っています。


 今の座右は「百回聞きテープ」。聞いて知っている人は、「なるほどね・・」と感じられると思います。

 前向きなとらえ方をすれば、取り巻く環境はことごとく変わります。

 変わっていなくても、変わっています。そぅ捉えるられるのは自分だけです。

 一年、皆様にとって素晴らしい年になります。私も成ります。

拍手[0回]

夢やぶれて

ゴットタレントからリンクしてみました。

 見てびっくり。この番組を追いかけて見ました。

 スーザン・ボイルさんの歌声、とても素晴らしい。

 曲は「夢やぶれて」ラ・ミゼラブルの導入歌です。

 この曲を聞いたのは、映画公開の前。
翻訳された歌詞を見て、とても共感しました。

https://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0

 著作に掛かるか不安ですが、貼ってみます。
宜しければ、ご覧下さい。

拍手[0回]

安住の生活

調子の良い時は、少々の困難は気になりません。

 しかし、ちょっと落ち込んでいる時や忙しくて他の対応など出来ないとき、

 問題の程度に関係なく、戸惑ってしまうことがあります。


 安住とは、日々平安のこと。

 平凡はいつまでも続きません。


 壁に当たり、八方塞がりになったとき、いろいろな手を使って切り抜けようとします。


 「災難は忘れた頃にやって来る」災難が悪いのでなく、凡々と暮らして災難が来ていることに気づかなかった自分が悪いのですが、

 悪いということは、裏を返せば良かったことになります。


 物は考え方でコロコロ変わります。

 環境や苦難は変わらなくても、受け止める心構えをちょっとだけ変えたら、

 「~にならなくて良かった」という言葉が出てきます。


 冷静にしっかりと正面から受け止めたとき、見えなかったものが見えたりします。


 気持ちを成長させたとき、同じ災難がやってきても、上から見下ろすことが出来ます。


 日々精進とは、このことではないかと思っています。

拍手[0回]

アクティブシェイパーって何?

 
 テレビの異色CMで有名になった ♪~ワンダーコア~♫

アクティブシェイパー

アクティブシェイパー

¥12,960(税込)

身体を倒すだけで腹筋運動ができると話題のマシンが、体格に合わせて大きさを調節ができ、折りたたんでコンパクトにもなるようになりました。腹筋運動機能に加え、腕と脚の運動ももちろんできます。シート部は回転も可能で下腹部を鍛えるツイスト運動も可能です。これ一台で22種…

拡大画像を見る

 名前はちょっと違うけど、同じ。それで、金額は2000円ほど安いみたいです。

 腹筋を鍛えて、割れたお腹の実現へ・・


 クチコミでは、やっているとお腹が減るとのこと。

 食事は規則正しく、よく噛んでください。

 汗をかいた後のビールは美味しいけど、飲みすぎにもご注意ください。

 体を鍛えて、食事もおいしい・・。理想の生活ですよね。

拍手[0回]

サイクルツイスタースリムでダイエットに挑戦

 ジメジメした梅雨に汗をかいてダイエット。  

お勧めの「サイクルツイスタースリム」・・。

引き締まったボディーも夢じゃない・・。

サイクルツイスタースリム

サイクルツイスタースリム

¥20,366(税込)

《サイクルツイスタースリム》によるトレーニングでは、ウォーキングやステップ運動に比べカロリー消費量は飛躍的に増…


願いは叶う、何事も。

周りの人に差を付けるには、

 最初の一歩です。

 ちょっとムリした投資が続けるバネになります。

 続ける意思はあっても、事情でリタイア・・。

 事情に負けるくらいならば、投資は無用なのです。

 
投資のお金を食べ物に変換するも良し。

ダイエット食に挑戦するも良しです・・。

 ジメジメの季節にあえて汗を出すのも、意外と良いかも知れません。

サイクルツイスタースリム

サイクルツイスタースリム

¥20,366(税込)

《サイクルツイスタースリム》によるトレーニングでは、ウォーキングやステップ運動に比べカロリー消費量は飛躍的に増…

拍手[0回]

冷感枕パッドですこぶる快眠

涼しさを求める季節になってきました。  何かと刺激の多い日常生活ですが、せめて寝るときくらいは、グッスリと眠りたいものです。  

  ガリガリ君枕。  

 枕がヒェッ!とする枕です。  頭を冷やして、明日からまた、頑張りましょう。

冷感 枕パッド 洗える 旭化成 ベンベルグ使用 『ガリガリ君 プレミアム』 43×60cm

 

冷感 枕パッド 洗える 旭化成 ベンベルグ使…

¥1,598(税込)

旭化成のベンベルグを使用した枕パッドです。肌に触れたときのなめらかな肌触りが特徴です。また水分を多く含み、水を…

冷感 枕パッド 洗える 旭化成 ベンベルグ使用 『ガリガリ君 プレミアム』 43×60cm冷感 枕パッド 洗える 旭化成 ベンベルグ使用 『ガリガリ君 プレミアム』 43×60cmをカートに入れる

拍手[0回]

平凡に感謝

苦しい時の神頼み。

 良きこと後のお礼参り。

 ささやかな信仰となっているとある神社へ近況報告を兼ねて参拝してきました。

 あることをきっかけに、無理をしない程度で、行ける時に報告の参拝をしています。

 今年は例年にないくらいに厳しい経営状態。
自転車操業ならぬ、綱渡り経営の毎日。

 何度となく奇跡的に受注を果たして窮地を脱しています。

 今年も、残り2ヶ月ほどとなり、年末へ向けての商売繁盛と家内安全のお参りをしてきました。

 定番のおみくじ。

 いつもになく、心にジンとくる文章でした。

 何事もない平坦と感じる時こそ、信心が大切だと書かれていました。

 心の動きに伴ってのお参りよりも、日々の何事もないとにこそ、信心への感謝が必要とありました。

 物事に心乱れない、神任せの大道こそが信心の姿だと感じました。

 嬉しい、楽しい、悲しい、悔しい,きついなどの感情も神様からの授かりもの。

 任せきる心をちゃんと自覚していれば、恐ることは何もないと思います。

 覚悟の他力本願は、自力本願よりも自然なのかも知れません。

拍手[0回]

学ぶ時

今年は例年になく辛いことが多い。

 仕事の量が減り、やりくりが大変です。
追い打ちを掛けるように、今年は雨が多く、外仕事を中心とする私にとっては
大打撃です。

 仕事がないのはツライが、仕事が出来ないのもツライ。

 「泣き面に蜂」

 仕事先のお客さんの話がコロコロと変わる。
軌道修正を余儀なくするも、それが当たり前のような顔をされる。

 「お客様は神様です」

 と言える心境ではないものの、「自分は、何を教えられているか」
を考える毎日。

 今年は、人生観の確認の年なのかも知れない。

 「長年やっていた心の勉強会を離脱したシッペ返しだ」
とは思いたくない。

 先のみ透視がたたない、迷走を続ける仕事。

 それでも「ツイてる、ツイてる」と言いなさいと言われる。
分からないくらいにツイている毎日に感謝。

 わたしの後ろには、頑固な浮遊霊がたくさん応援の旗を振っていると思います。

 このままのはずはない。何かおかしい毎日。

 「苦しかったら、困ったら、掃除をして捨てなさい」
と言われる。

 見渡せば、捨てられるものが山ほどあります。

 感動せずに捨てらるものがあることは幸せなのかも知れません。

 「少しでいいから、ジワッと押せ」

 来年へ向けての脱皮の年。この辛さはシッカリと心に刻みます。

 まだまだ大丈夫だから、周りも大丈夫です。

拍手[0回]

バイオリズム

「人生、山アリ谷あり」と言われています。

 生活して生きていくには、ストレスはつきもの。

 ストレスのない生活などありません。と、気づくのもけっこう年齢を重ねてから思うことです。

自分に染み込んだままのストレスを省みる時、「あぁ・・あの時はあぁやっとけば良かった」といつも思います。

 あの頃に戻れるものならば、また違った自分になっていただろうと。

 年齢を重ねていくと、物忘れが出てきます。忘れっぽくなる。

 しかしいくつになっても淡いストレスとなって自分の中に残っているのが「思春期の失恋」ではないでしょうか。当時の相手の仕草や顔形がそのまま脳裏に焼きついています。

 歳とともに、容姿や心も変化していきます。

 ある一定の周期があるように思われます。人生には波がある。

 その波にも一年間の波があり、一日の波がある。

 体はその波を自律神経という機能を使って、微調整しながら肉体を保たせています。

 肉体は揺れ動く心からの信号を調整させながら健康を維持させます。

 心から発するストレスが肉体に溜まり、やがて発病することで生活の軌道修正を体が訴えることとなります。

 生活は閃きにより維持されます。

 閃きを分析しながら体に命令し、行動する。

 閃きに対して濁った分析をすると、思ったような結果を得ることが出来ず、ズレた結果となります。

 生活は閃きのリズムの中で心と体の浄化を繰り返していきます。

 人生の周期は男性と女性で少し違うと言われています。

 幼少・思春期・青年期・壮年期そして老年期。

 それらの節の期間中、優先順位の高い事柄に生活が影響を受けています。

 心身に傷を負いながらも消化し、やがてクリアされようとする頃、昇華されなかった課題が再び訪れます。

 積み重ねた経験でそれらを解決したとき、人生の終わりを迎えるのだと思います。

 解決出来ずに残された課題は来世へ引き継がれていくのだと思います。

拍手[0回]

人口の減少

日本の国の人口が減少傾向にある。と言われ、少子者対策が叫ばれています。

 人口維持の為にも「移民を受け入れる」と言う問題定義も出てきています。
人口が少なるなると、日本の経済に悪影響を与えるからと言われています。

 一人でも幸せに生きて暮らせる環境だから、若者たちの婚期は遅れ、少子化となっている。と分析される学者の方もおられます。

 経済や生活環境が悪い場所は、子供が多く、若くして亡くなる確率も高いと言われます。

 そのような場所は道徳や資質を考える前に、生きられる環境を作ることが急務と言われています。教育の必要性が叫ばれています。

 「娯楽が無いから子供が増える。」乱暴な言い方をすれば、夜暗くなればやることは一つしかないから、子供が増える。


 日本へ憧れ、観光や仕事で来日される外国の人は多くなっています。

 高水準の経済と豊かでおいしい食べ物。治安も良いし、国民のマナーも良い。

 良いことずくしの環境なのに、何故か子供が少ない。


  日本の国はかつてとても貧乏だったと言われています。

 徳川幕府が生まれて幕末に倒幕されるまでのおよそ300年間でのGNPの成長率は3%だったと言われています。外国との交流を断つ鎖国政策により、日本独自の文化と教養が確率されました。

 
 学校の歴史で教えるのは、せめて日露戦争まで。その後の歴史は早足で教えられてきました。

 
 インターネット前の情報獲得の手段は、パソコン通信。その前は、アマチュア無線・・。

 リアルタイムで瞬時に分かる世界の情報が携帯で入るようになり、好みの問題を突き詰めて入手できる便利な時代となりました。


 少子化対策。

 情報網の中、リアルタイムで日本を維持しているものは何でしょう。

 以前は絶対的な情報発信だったマスコミも化けの皮が剥げた醜態を見せています。

 信用できる者たちだけで情報の共有ができるシステムが確率されても、文字を読むだけで信用出来るのかどうか、懐疑の中での生活です。

 
 
 人は生まれてくる時、「親を自分から選んで生まれてくる」と言われています。
自分の魂の成長に必要な環境を自ら選んで、生まれてくる。と言われています。

 自分が解決出来る問題だけを選んで生まれてくるそうです。

 日本の国に生まれる子供が少なくなって来ているのは、「この環境では魂の成長はあまり望めないほどに恵まれすぎたから」かも知れません。

 日本の良さを世界に発信して、世界の底上げを図ることが、これからの日本に望まれていることかも知れません。

拍手[0回]

自力と他力

仏教は中国から伝えられました。とても良い教えだったので、当時の人たちに受け入れられたのだと思います。

 それまで、日本国内では自然を崇め敬う神道が普及されていました。

 明治維新まで、神道と仏教は共存共栄していましたが、維新となって、神仏を分ける動きとなりました。その名残が、お寺の作りなのに、柏でを打ってお参りするところがあります。

 教えはたくさんの枝葉となって、分散しました。

 仏教でいうと、浄土真宗は他力本願と言われ、すべてを阿弥陀様に委ねる教えとなっています。

 対するのが日蓮宗。自力本願は、自分の意志で道を切り開く教えです。

 人が窮地になったときにすがる物は何でしょうか?

 人はそのような姿を滑稽に感じることがあるかも知れませんが、当人にとっては、大問題。
自分に解決出来ないことをスガルのです。

 笑うことなかれ・・。

 生きて悩みのないことなどありません。むしろ悩んでいる時こそ充実の時。と言われます。
現に、思い出されることは、失敗や後悔ばかりです。「クヨクヨと悩む姿も良し」と説くのが宗教の救いです。

 一方、似たようで似つかないのが「道徳」です。

 妥協のない、純粋な境地を求められる道徳は、心境の変化に敏感に変化していきます。

 他力と自力。どちらを解くも要は自分が救われる事。

 他愛ないことでも、本人にとっては大問題なのです。
本人に解決できないからスガルのです。

 ゲンを担ぐも良し、占いを頼るも良し。一歩を出して、難局を脱するための苦労が生きていく為の性と前向きに受け止められるように、少しでも元気で、明るくその時を過ごして行きたいものです。

 ろうそくの明るさでも、ホタルの明るさでも、いいではないですか。

 その時の精一杯の輝きを称えたいものです。

拍手[0回]

関係ない話

決して投げやりでも、無関心でもありません。

 今があるのはすべて自分に必要だからあると言う事。

 良いもの悪いものが入り乱れていろんな事が起きています。

 直接自分に関わらない事であっても、間接的に何らかの影響を受けています。

 他人は変えられないから、自分が変わる方が近道だと聞かされています。

 これって、逃げなのかと考えたこともありましたが、「自分以外の存在は自分の心を写す映像に過ぎない」としたら・・・・。焦りますね。

 実際に、確認しているのは自分の五感を通じてであり、それらがなかったら確認する術が無い訳です。

 生まれながらに目が見えない人に色の観念はなく、聞こえない人に音の判断はつかないのですが、健常と言われている人が意識していることと、私の意識がはたして一致しているかは、分からないのです。

 人を変える前に自分が変われば、周りが変わってくるという解釈に、納得がいくかも知れません。

 どんなにスタイルが良い綺麗な女性でも、皮を剥げばお化けです。

 生まれて死ぬまで、人は体と心を変化させながら体験を重ねて過ごします。

 「魂の成長の為に、この世に生を受けた」と、言われる人もいます。

  
 最近聞いた話の中で、改めてひと皮剥けた話があります。

 人には、「前世があり、現世があり、来世がある」何度も生まれ変わりながら、魂の成長を続けている。

 歳を取ってからの習い事も無駄でないことが分かります。来世で活用するための準備だと思えば、苦労が苦労で無くなってきます。

 すべての出来事は、自分に何かのメッセージを送っているだと思います。アレコレと悩んだり、オドオドすることは心からみれば、関係ないことかも知れません。

拍手[0回]

結局は自分が大事

所属していたある勉強会。

自分と人、あるいは自分と自然がうまくいく法則を勉強していました。

「実際に自分で試してみてコツを掴む」という勉強でした。

  

 うまく行くには法則があると教わっていました。
とても簡単で、ダレでも知っている。

 しかしそれをパチパチと割り当てて、スムーズに行動に移すのが難しい。


 「だから勉強をしているのだ」と言えば、ある意味、開き直りとも受け取れます。

 
 法則には7つあって、「すべてのものはひとつに繋がっている」に始まって、「すべてのものには離れられない境がある」というものまで、いろいろとあります。

 「永遠に変わらないものと時間とともに変わっていくものがある」という法則もありますが、 要は自分あってこその世の中。自分を中心として物事は変化しているのだから、自分が変わらないと何も変わらないということ。意識の受け止め方。

 
 しかし現実・・自分が変わらなくても周りは変わって行っているのだから(そのように感じるし、見えるから)、なかなか難しい。

 その変化にうまく乗るには、きっかけ(チャンス)が必要で、それが現れた時、苦難と取るかチャンスと取るかは自分次第ということ。「躊躇せず掴め」と教えられています。

 
 冷静な自分を保つ秘訣が、「気づいたらすぐやって、明るく前向きに」生活することだそうな。

 「自分がすべてなんだから、やれば出来る」で締めくくられています。

 解決出来ないことは、自分に起こらない。
 解決できるから自分に起こるということ。

 成功の栄冠に輝くには続けることだと・・。

 それは単純であればあるほど良いと。

 今年一年、大きな問題もなく、過ごせたことはある意味、奇跡だと思います。

拍手[0回]

ブログ内検索

お薦めサイト

こんなのもあるょ

カウンター

Copyright ©  -- 感謝の心「ありがとう」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]